雷注意報

雷注意報

ちょうど今くらいの時期。
転勤などで北陸にやってきた北陸以外の地域出身のかたはみんな、
の多さに驚くようです。

「・・・雷って普通、夏の午後に、夕立ちの前触れみたいにゴロゴロ鳴るものじゃないのぉ?」
なんて言っても北陸人には通じません。
だって北陸では雷は晩秋~冬のもので、昼でも真夜中でもいつ鳴っても当たり前なんですから。

数のわりにあまり落ちないせいか、誰も大して気にしていませんが。

 (夜間に鳴ると、翌朝起きたら雪が積もってることが多いです・・・
   で、車通勤の人は通勤ルートの渋滞や遅刻の可能性を思い、嘆息する、と)


この冬の雷、どんな特徴があるのかなと少々調べてみました。

すると、冬季雷は世界でも珍しく
ノルウェイの大西洋沿岸と
日本の日本海沿岸
(一説では北米の五大湖周辺も)しかないんだとか。

なんと世界で3本指。そんなに珍しいとは知らなんだ(←方言?『知らなかった』)。


ちなみに他には以下のような特徴があるそうです。

 ○エネルギーの大きな雷が多い(夏の雷の100~数百倍)
 ○落雷数は少ないが、一日中発雷する(雪やあられの前触れであることが多い)
 ○海岸線から35km以上の内陸部では少ない     等々

なるほど、確かに音が大きいし、海側でよく鳴ってるし、鳴ると雪が降る---。


そんな北陸の気候風土が刷り込まれてしまってるせいでしょうか。

かつて気に入っていたリラクゼーション用ネイチャーサウンドCDは、
「雷鳴と雨」でした。

                           by りんごタルト


雷鳴が激しくて眠れない夜は、いっそホラー映画鑑賞なんていかがですか?
ナマの効果音がついてくる北陸への転職情報は 
北陸人材ネットにお問合せ下さい
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索