他力本願って素晴らしい??

他力本願って素晴らしい??

最近何故かお通夜に参席する機会が続き、

改めて親鸞聖人の教えについて考えさせられました。

(私個人は無宗教のつもりでいますが、家は浄土真宗本願寺派です)

北陸では同じ浄土真宗でも大谷派と呼ばれる宗派が多いようで

微妙に教えや風習が違っていて面白いです。

その辺についてはまた別の機会があればご紹介したいですが

今回はあくまでも 他力本願 にスティックしまして。。。

浄土真宗では 他力本願で良いのだ と教えられています。

正確なところは違うのでしょうけれど、少なくとも昔

そうやって貧しい人たちの間で広がっていったのです。

日頃頑張っていても夢がもてない、将来が決まってしまっている庶民達に

南無阿弥陀仏』 と唱えれば極楽浄土に行けるのだ、と説いて

段々と広がっていったのです。

ただ、南無阿弥陀仏と唱えるだけで幸せになれるのだ、と。


私が他力本願なのは小さいときからそう教え込まれたせい、

では決してありません。

ただ、人一倍の努力ができないと分っている分

人より多くを望まない、恰好よく言えば、自分の分をわきまえている

という言い訳のもと、諦めているのですよね。

現実を受け入れていることと諦めていることは、

結果は同じになってもやはり大きく異なるのですが、

頭で分っていても心が着いていっていないのですよね。

人は自分の為だけには生きられない動物だと思いますが

といって人の為に何かすることを 「自分の喜び」 とし 

みんなが特定ではない誰かの為に行動できると理解すれば

誰かの行動で自分が幸せになれるかもしれない。

他力本願の考え方って実は素晴らしいものではないか、と

故人を偲ぶべきお通夜で思った私です。

もっとも、故人(仏様)の導きで仏について考える機会を与えられるのだ、と

ある住職さんが口癖のように仰っていましたので

あながち不謹慎な事ではなかったのかもしれません。


注!! 宗教の観点からの他力本願はまた全く別の解釈ですから

私の戯言を真に受けないで下さいね。


   夏ばて気味で頭も腐りつつある ぽんぽこ でした

北陸人材ネット では真面目な転職相談を承っております。
人生相談は受け付けておりません
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
いよいよ開会式  ←いよいよ開会式 【2008年08月】の更新記事一覧 →夏祭り  夏祭り
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索