プロのお仕事

プロのお仕事

え~、実は妻方の祖母が先日亡くなりまして

昨日、お通夜で今日告別式でした。

90歳を超えておりまあ天寿を全うなさったと申し上げてよろしい最後でしたので

式自体は和やかに進んだのですが

葬儀社の方の仕事ぶりに正直かなり感心いたしました。

祖母が病院で亡くなったのが真夜中の2時30分、

そこからすぐに連絡したのですが明け方の4時に担当の方が

遺体を自宅に運んでくださいまして、安置していただき

その後仮通夜の段取りからお通夜、告別式までの段取りをどんどん

仕切ってくださいます。

遺族の気持ちに配慮しつつ迅速かつ的確に必要な事項について確認を求め

仕事を進めていきます。

この手の仕事は段取りよく進めようとすると相手の気持ちへの配慮を欠いてしまいがちに

逆に相手の気持ちを慮りばかりすぎると話が前に進まない

ことが多いです。

私もしょっちゅう葬祭を仕切る立場にいるわけではありませんが

今回対応してくださった方はそのあたりのバランスが非常に取れていたように

感じました。

葬祭ビジネスにおける心のこもったサービスを堪能させていただいたような気がします。

ちなみにこのディレクターを補助する形で若い女性が一名ついていましたが

彼女は歩く教科書が横にいるという非常に恵まれた環境で

仕事ができているなあとうらやましく思いました。

歩く教科書が身近にいて、自分自身の成長が実感できる職場・・・

理想の職場ですね~

そんな職場とのめぐり合いに少しでもお役にたてるなら!!

がんばります!!   byやまきん

北陸人材ネットは理想の職場との出会いに少しでもお役に立てるようがんばります!!



スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索