スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

白山スノーエリアマネジメント

白山スノーエリアマネジメント

この会社、石川県の金沢セイモア、瀬女高原、一里野温泉の3つのスキー場を
白山市から委託を受けて経営することとなった会社です。

今日瀬女高原に行ったついでこの会社を訪ねてみました。

アポなしで訪問しましたところたまたま社長がいらしゃいまして1時間ほど話こんでしまいました。社長は越後湯沢のとあるスキー場の再生を皮切りに長野、新潟のスキー場の再生を次々に手がけられたとのことでいわば「スキー場の必殺再生人」!!

お話をいろいろお伺いしたのですが僭越ながら非常にまともなことをはっきりおっしゃいます。

地方のスキー場というのは元々過疎化の進む豪雪地帯の町興しの一環として地方自治体が始めたものが多いです。
スキーバブルのときに都会から多くのスキー客が押し寄せたために利益が出てしないそうになりあわてて無謀な設備投資をおこなって赤字にしたという話も多くあります。
(黒字になると国からの様々な過疎化対策等の助成金が打ち切られてしまうそうです)
設備投資を行い償却費用で赤字体質にするだけならまだしもわざわざ値段の高い維持費で地元業者に発注するというようなことまで当たり前におこなっていたようです。

ようは地方へのばら撒き財政の受け皿として使われていたような感じですからそういう意味ではまっとうに経営していたはずがありません。
過疎化対策の名の下に税金の垂れ流しがおこなわれていたようですね・・

っで小泉政権時の地方ばら撒きストップの煽りでほとんどの官営のスキー場の経営が行き詰ってしまっておりそこに今回就任なさった社長のような方が入ってきて再生しているという状況のようです。

再生の秘訣はこの社長に言わせると「あたりまえにやること」「自分たちで汗をながすこと」「顧客のニーズに耳を傾けること」の3つだそうです。

秘訣には聞こえないほど簡単なのことなのですがこれができない・できていないところがほとんどだそうです。
(ただし徹底的にやるとのことですが・・)

へんな言い方になりますが上記のような常識が通らないようないわゆる「むら社会」の常識がまかり通っているのが日本のスキー場には多いみたいですね・・スキー客の減少というのは案外こうした部分の影響が多いのかもしれませn。

しかし逆に言えばここまでの状況が放置されていたのですから手を入れれば簡単によくなる可能性が高いとも言えるでしょう。

社長の趣味を仕事にするなと社員にしかられてしまいそうですがこうしたスキー場の再生に人的側面からぜひお手伝いしてみたいな思い瀬女高原をあとにしたのでした・・・

というわけでスキーに関するお仕事の紹介もこれからどんどんやります。
スキーに関わるお仕事にご興味のある方は北陸人材ネットへ
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。