桜談義

桜談義

ワカさんの更新を楽しみにしている皆様。

残念ながら今週は私ぽんぽこの担当です

誰が一番残念に思っているかって、それはもちろん私ぽんぽこなんですけど


3月もいよいよ終わりに近づき

北陸にもようやく「春」が見え隠れする今日この頃

西日本や関東では桜も満開のようで

お花見関連のニュースが飛び交っています。

ワカさんも、とってもとってもお花見が楽しみなようで

桜の開花を北陸で誰より待ち望んでいます。

穴場情報をお持ちの方、是非ともこっそり私どもまでお知らせを。

ここでご案内する前にワカさんがしっかり下見して

来年用の情報として皆様にご報告さていただきます

と、すっかり何事もワカさん任せのぽんぽこです。


今日は北陸ネタを仕入れられなかったので(笑)

季節ネタとうことで。

大昔から桜が大好きな日本人。

でも桜について詳しくは知らないなぁと

と思いたちすかさず検索。

学業的には・・・・


植物界 Plantae
被子植物門 Magnoliophyta
双子葉植物綱 Magnoliopsida
バラ亜綱 Rosidae
バラ目 Rosales
バラ科 Rosaceae
サクラ属 Prunus

ということらしい。バラ科だったのには驚きです。

花言葉は 

精神の美しさ 神秘な心 高尚 純潔

なんだか結婚式を思い浮かべそうな言葉ですが

式場で見たことがないのは、

季節も限られすぐに散ってしまうからなのでょうか。

でも「潔く散る」姿に美を感じるのかもしれませんね。

先人たちの沢山の思いが 桜に絡めて残されています。

以前ご紹介したことがあるように、ぽんぽこは

伊勢物語で在原業平が読む

「世の中に 絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」  

とこれの返歌が好きなのですが

それ以外にも数多くの短歌が桜にまつわるもの。

短歌・俳句で「花」 と言えば「桜」を指すのですから

どれだけ桜が日本人の心を占めているか伺えますよね。

と、いうことで今年は万葉集からこの一句。

あしひきの 山桜花 日並べて かく咲きたらば いたく恋ひめやも


山部赤人が詠んだ歌です。

山の桜の花が、これから何日も今のように咲いているのなら、

こんなにひどく心惹かれることはないだろうに。



単純な詩ですが、これぞ桜の魅力を言い表しているのではないか、と

少し詩人になって

小さな蕾を膨らませようと頑張っている桜を見上げるぽんぽこでした。


兼六園で世のはかなさを嘆き浸りたくなったアナタ北陸人材ネット にご相談下さい。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索