白山atゴールデンウィーク

白山atゴールデンウィーク

えー皆様ご無沙汰しております。

やまきんです。

社員の皆様が楽しそうな連休中の訪問先をブログにアップしておりましたので

わたくしもご紹介したいと思います。

私は5月4日に白山へ行ってきました~

この時期の白山は雪山です。

ですのでスキーを持って行ってくだりは滑ってこようという魂胆です。

山登りとスキーの楽しみを同時に味わおうという内容です。

ただ、この時期は気候をよく見極めていかないと天候が急変すると一気に冬山になってしまいます。

今年の連休は気候が安定していたのでチャレンジしてきました。

さて

朝5時過ぎに家を出て市ノ瀬に到着~

ここから別当出合まで車道をとぼとぼ6キロほど登らないといけません。

そこで

折り畳み式の自転車を持参し、それでGO~

しかし

斜度がきついのぼりなのできついのなんの!!

めちゃくちゃ心肺機能に負荷がかかります。

はっきり言って歩いたほうが楽です。

しかし帰りの極楽ぶりを考ええっちらおっちら漕いでいきました。

約1時間で別当出合に到着!

実は自転車で上ってくる人はほかにも結構いるみたいです。

白山その1

写真のように何台も自転車が停めてありました。

中にはママチャリも!!

どんな心肺能力のひとやねん!!

さてそういうわけで別当出合からいよいよ登山スタートです。

かなり雪が残っております。

白山その2




砂防新道を登ろうとしたところ・・

なんと吊り橋が・・・




白山その3







見ての通り

足場の板を外してあります。

この時期に白山登山に来るつわものたちは写真のように両側の手すりにつかまりながら

わたってゆきます。

下は谷川です。

踏み外すと確実に落ちます。

スキー背負って自転車でへろった足腰では自信がなかったので

諦めて観光新道から登ることに・・・

10分ほど登るとそこは

もう銀世界


白山その4


アイゼンつけてえっちらおっちら登ります。

雪の斜面は実は結構快適に登れます。

浮石もなければがれ場もないので結構らくです。

しかし・・

徐々に傾斜がきつくなってきまして

持参した4つ歯のアイゼンでは限界が・・・

白山その5


結局途中であきらめて引き返してきました。

くだりはスキーでひとっすべり~

と行きたかったんですが

今回軽量化のためにこんなスキーを持参したのですが・・・・


白山その6

ショートスキーにスノーボード用のビンディングを付けたものです。

これで登山靴でそのまま着用して滑ろうともくろんでいたのですが・・

登山靴の剛性ではまったく急斜面では歯が立ちません

30度くらいの斜面でスキー履いたのですが滑り降りるどころか

立っているのが精いっぱい・・

一応補足しますがスキーの技術は50歳のアマチュアスキーヤーでは日本TOPレベルのはず・・

しかしまったく滑り下りるどころの話ではなく

結局横滑りで降りてきました。

下りる途中に60過ぎと思しき女性が一人でスキーかづいて登って行きました~

山のぼりと長距離走は外見とその能力はまったく一致しないので

かなりの敗北感を感じます。。。

ちなみに5月の連休に白山登ったのは20年ぶりくらいでしょうか??

20年前はアルペン用の2Mの板とレーシング用のスキーブーツ背負って山頂まで行って日帰りで

かえってこれたのですが・・

もう少し装備をきちんとしないといけませんね~

早々に市ノ瀬に戻って

温泉へGO

市ノ瀬にある永井旅館は

日本秘湯の湯の一つとして数えられています。



白山その7


早い時間だったので温泉独り占めでした~


今年の連休は、というか今年の連休も

残念ながら各地で山の遭難者が出てしまいました。

遠くから予定を立てて登山にくるとどうしても天候の判断が難しくなってしまいます。


金沢であれば日帰りOKなので

連休中の期間で好条件を見極めてさっと登ることができます。

こんな贅沢な連休を過ごせるのも

北陸ならではの魅力ですよね~

スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索