『一匹オオカミ』 蛍

『一匹オオカミ』 蛍

例年梅雨時期になると美しい環境の残る清流で蛍が見られます。

北陸も例外ではなく、多くの 『蛍スポット』 が新聞でも紹介されています。

私の小さい頃は蛍が近くで見られて当たり前だったのですが、

そういった新聞などを見ていると、

今では限られた場所でしか観察できないのですね。

実は私、今年は早々と2週間くらい前から蛍を頻繁に見ています。

なぜかって、何と我が家の庭にいるのですよ!

もちろん川と呼べる物はないのに。 

(近くに田んぼはあります。 というか田園風景の中に我が家があるといったほうが正しい??)

それもどういう訳か一匹だけなのです。

一昨年も去年も、なぜか一匹だけ我が家に出没し

最初はびっくりして回り中探し回ったのですが

今では 「やあ。今年も来たか!」 って感じ。

しかし蛍の成虫は長生きしても10日ほど。

どうも毎年同じ蛍が訪問してくる気がしてしまいますが

親子ですらない可能性が高いのでしょうね。

昨日の夜も私が仕事から帰ると出迎えてくれたので

そろそろ君ともお別れだねとしんみりしてしまいました。

プログに載せたいから写真を、と数枚パシャパシャしましたが

残念ながら真っ暗闇しか撮れませんでした。


ちなみに我が家には 

蛍の他にも雉の親子、アオサギなども時々遊びに来ます。

夜にはふくろうの鳴き声が聞こえる事もあり、

うぐいすは暖かい日にはいつでも歌っています。

こんな自然を感じる生活がしたくなったあなた!

北陸人材ネット にご相談下さい!


BY   ぽんぽこ
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
百万石祭り  ←百万石祭り 【2008年06月】の更新記事一覧 →子育て支援策  子育て支援策
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索