スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

お能と狂言を楽しむ夕べ??

お能と狂言を楽しむ夕べ??

先日りんごのタルトさんに教えてもらった情報です♪

金沢市では実に頻繁に 「文化都市」 を感じさせる

イベントが開催されていますが、

何と毎年夏に、気軽に 能と狂言を 鑑賞できる

「観能の夕べ」が行なわれるのだとか。

県立能楽堂 (こんな施設があることもすごいと思う!) にて

7月5日~8月30日までの 毎週 土曜日

お能と狂言を、一回の公演で一作品ずつ観賞できるのです。

何に驚いたかって、気軽さです。

一部の高尚な趣味の方々だけに楽しんでいただくのではなく

出来るだけ大勢の

日頃あまり縁の無い方々に見ていただきたいという趣旨で

入場料は1000円となっているのです。

しかも  高校生以下は無料!

太っ腹ですよね!

お能と狂言がセットになっているというのも

良く考えられているなと思います。

どちらも中々観る機会がなく、

庶民としては興味はあるものの敷居が高い気がしますよねぇ。

あれ? 私だけですか?

特にお能だけだと理解できず寝てしまいそうですが

狂言と一緒なら対比も面白そうです。

初日の7月5日は

狂言:柿山伏(かきやまぶし)/野村扇丞
能:籠太鼓(ろうだいこ)/渡邊茂人

だったとか。 

この後毎週土曜日、8月16日の特別講演以外は

ずっと1000円で観賞できます。

ちなみに特別公演では3000円との事。

それでも普通に能の公演に行くよりずっと安いですよね。

もしお時間が許すなら一度お出かけしてみてはいかがでしょう?


開演:午後7時(開場:午後6時)
 ※開演前の午後6時30分より解説があるそうです。
    講師:西村 聡氏(金沢大学人間社会学域教授)
    児玉 信氏(石川県立音楽堂邦楽プロデューサー)


  文化都市金沢含め北陸地方は魅力たっぷりです
     そんな北陸で仕事を探したいあなた! 
   北陸人材ネット までお問合せ下さい

 
                   BY  ぽんぽこ 
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。